[180923] 9/23(日) 触れて感じる解剖生理学 〜骨編〜

12,000円(内税)

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons47.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />[180923]  9/23(日) 触れて感じる解剖生理学 〜骨編〜
購入数
■概要


この講座では、机上での勉強になりがちな解剖生理学を
「自分のからだで体感」することで理解を深めていきます。

今回は「骨」を中心に触っていく事で、
自分自身の身体の地図を明確に描いていきます。


身体の地図を明確に描くこと。


それは他者との共存が必要なこの社会において、
「私と誰か」の境界を引くことも意味します。

そして、自分自身の身体の輪郭を描く事が、
自分の存在がどう在るのかという事を際立たせ、
自分という存在を愛していく上で非常に大事な要素となります。


骨という「骨格」を明確にする事で生まれる、心の変化も感じてみませんか?


骨格は常に私達を支えてくれている不可欠な存在です。

その自分を支えてくれている存在をしっかり確認できる事で、
「今、ここにいる」自分自身が「今、ここにいる」クライアントと
向き合えているという、あたりまえに感じてしまっているけれども、
忘れがちな感覚をも思い出すきっかけとなるでしょう。


このような視点を大事にした講座です。


皆さんの大切な人の身体をいたわり、ケアするために必要な
身体の知識や技術を身につけていくためには、
まずは自分たちの身体について深く知る事が重要です。


「解剖学って難しくて、苦手!」といった方や、
とりあえず名称を覚えるだけでいっぱいいっぱいになってしまうという方でも、
自分の身体と対話しながら、生きた解剖生理をより深く学び、
クライアントと共に良い時間を過ごす土台にして頂けるような機会を
ご用意しています。


実際にクライアントの身体に接する仕事ではない方でも、
ご自身の身体に興味のある方であれば、どなたでもご参加頂けます。



〈こんな方にオススメ〉

・解剖学は難しく感じてしまうが、楽しくわかりやすく勉強するきっかけを得たい
・セラピーやエクササイズで活かしたい
・自分の身体を深く知るためのより活きた解剖学を学びたい
・身体を平面的ではなく、3D的に理解したい
・心と身体のつながりやホリスティック医学に興味がある
・ボディーワークにおけるタッチを磨きたい
・感じる力を磨きたい


■プログラム


1. 鎖骨を触れて感じる

- 鎖骨と胸郭、肩関節の関係性やリンパ系の中での役割を学び、
実際に触れる中で肩関節の可動域の変化や胸郭の広がりを感じていきます。



2. 肩甲骨を触れて感じる

- 肩甲帯と胸郭、骨盤帯の関係性を学び、肩甲骨を触れる中で
胸郭や骨盤のアライメントの変化を感じていきます。



3. 肋骨を触れて感じる

- 肋骨内に位置する横隔膜は、呼吸に合わせて毎日2万回程動いています。
それに伴い、腹腔に位置する内臓は常に横隔膜からの圧力を受け ています。

肋骨の捻れがあり横隔膜がうまく機能しないと、そのストレスは内臓にもかかってきます。

腹腔の内臓は自律神経系との関係性も深いので、肋骨の可動性や捻れが解消される事で、
呼吸のリズムの変化や、身体全身の変化を感じる事ができます。



4. 骨盤帯を触れて感じる

- ロルフィングにおいては、呼吸時に骨盤底、横隔膜、胸郭出口、
小脳テントの各々の水平面が捻れる事なく調和して動けるようになる事が重要です。

骨盤底が呼吸においては大事だという事は各所で言われていますが、
ボディーワークにおける骨盤底の役割や機能の概念を理解し、
骨盤のアライメントや骨盤底が整う事での呼吸のリズムの変化を感じていきます。



5. 足部を触れて感じる

- 足には3つのアーチが存在します。体重を支える内側アーチ、
その下側でバランスを取っている外側アーチ、
体重移動をスムーズにしてくれる横アーチ。

それぞれの機能を学び、触れてみることで立位、歩行時の変化を感じていきます。



■日時



2018年9月23日(日) 10:00〜16:00



■場所


渋谷区代々木1-53-4 奨学会館別館2階



■料金


12,000円

*お支払は銀行振り込みでお願いします。
*当日現金でお支払いの場合は、事務手数料として別途500円を頂戴します。



■定員


20名



■持ち物



動きやすい服装
筆記用具



■ご質問・お問い合わせ


お問い合わせはホリスティックヘルスケア研究所までお願い致します。

ws@holiken.jp





■プロフィール


大橋 篤史


Rolfing Roots代表
理学療法士 
米国Rolf Institute®︎ 認定ロルファー


理学療法士として総合病院に勤務し、
整形外科を始め、脳血管、呼吸器疾患等の
様々な疾患を抱えた方々のリハビリを担当。

その後、よりホリスティックなアプローチを求め、
アメリカコロラド州ボルダーに渡り、
Rolf Institute®︎にてロルフィングを学ぶ。

帰国後はRolfing Rootsとして横浜にて
ロルフィングの個人セッションの提供を中心に、
全国各地でセラピストやボディーワーカー向けのセミナー講師も行なっている。


http://rolfing-roots.com