[181021] 10/21(日)ロルファーと体感するアナトミートレイン(入門編)「筋膜からみた身体の繋がり」

5,000円(内税)

  • <img class='new_mark_img1' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons47.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />[181021] 10/21(日)ロルファーと体感するアナトミートレイン(入門編)「筋膜からみた身体の繋がり」
購入数
■概要


近年、「筋膜」が医療界やスポーツ科学の分野だけでなく、
ボディーワークの世界においても注目されるようになってきました。


「アナトミートレイン」とは、全身の筋膜、
筋筋膜の繋がりを身体地図として表現したものです。


個々の筋肉をただ単体として捉えるのではなく、
筋筋膜の解剖学的な繋がりが強く、なおかつ
身体機能の特徴が似ている組織を結んだ
様々な筋膜ラインで身体全体をみていきます。


身体を扱う種々の「セラピー」においては、身体に起こっている問題や、
症状が起こっている局所に対処し、治癒を促進していく事が大切ですが、
「ボディーワーク」においては、身体の局所をみる事よりも、
全体をみて統合していく事が重要です。


アナトミートレインの概念は、ボディーワーカーや
その他健康に関わる職業に従事する人々にとって、
クライアントの複雑な姿勢、動きのパターンを理解し、解決するための
ホリスティックなアプローチを見つけるためのツールとなります。



「筋膜やアナトミートレインについて興味はあったけど学んだ事がない」

「アナトミートレインの本を読んだり、学んだ事はあるけれど、
どうセッションやレッスンで活用したら良いかわからない」


このような方でもお気軽に参加していただける講座内容になっています。


アナトミートレインの著者と同様の資格を持つ、
米国ロルフインスティチュート認定ロルファー™(*1)の講師が、
筋膜の解剖学・生理学やアナトミートレインの概念の基礎をお伝えした上で、
ハンズオン(実践)の時間を通して、参加者の方々自身の身体で
身体の繋がり、姿勢・動作の変化を感じ、ご自身のセッションに活かしていただける
学びをご用意しています。



私達の身体は全て繋がり、柔らかく、強く、そして繊細です。
筋膜へのタッチを通じて、身体の新たな可能性を探求していきましょう。



〈*1 ロルフィングとは〉


アイダ・ロルフ博士(1896-1979)によってアメリカで生み出された、
世界で初めて筋膜へのアプローチを体系立てたワークです。


からだ全体をネットワーク状に包みこむ筋膜に対して
働きかけていくことで、身体感覚を再教育し、
重力との調和が取れた自然体で楽なからだを獲得していくためのプロセスです。



〈こんな方にオススメ〉

・アナトミートレインに興味がある、理解を深めたい

・筋膜に興味がある、理解を深めたい

・身体を局所的ではなく、3D的に理解したい

・ボディーワークにおけるタッチを磨きたい

・得意な手技が欲しい

・感じる力を磨きたい

・からだへの新しいアプローチを探している




■プログラム



・筋膜の解剖・生理学

・アナトミートレインの概念、ラインの説明

・姿勢、動作のチェック

・ラインに沿った筋膜リリース実技(主にSuperficial Back Line)


■ご質問・お問い合わせ


お問い合わせはホリスティックヘルスケア研究所までお願い致します。

ws@holiken.jp


■日時


2018年10月21日(日) 13:00〜16:00

■場所


渋谷区代々木1-53-4 奨学会館別館2階

■料金


5,000円

*お支払は銀行振り込みでお願いします。
*当日現金でお支払いの場合は、事務手数料として別途500円を頂戴します。



■定員


12名



■プロフィール





大橋 篤史
Rolfing Roots代表
理学療法士 米国Rolf Institute®︎ 認定ロルファー


理学療法士として総合病院に勤務し、整形外科を始め、
脳血管、呼吸器疾患等の様々な疾患を抱えた方々のリハビリを担当。

その後、よりホリスティックなアプローチを求め、
アメリカコロラド州ボルダーに渡り、
Rolf Institute®︎にてロルフィングを学ぶ。

帰国後はRolfing Rootsとして横浜にてロルフィングの
個人セッションの提供を中心に、全国各地でセラピストや
ボディーワーカー向けのセミナー講師も行なっている。